胃・大腸内視鏡検査

当院の内視鏡検査の特徴

1. 苦痛の少ない内視鏡検査
検査を受ける方と事前に十分に相談のうえで、ご本人のご希望があり、かつ可能と判断すれば、適切に鎮痛剤・鎮静剤を使用して、なるべく苦しくなく、つらくない検査を受けていただくように努めます。
2. 最新の内視鏡検査機器を導入
最新のスコープやプロセッサーにより、精密な画像を得られることはもちろん、拡大やNBIといった画像処理機能により、がんの早期発見、病変の悪性度や範囲診断などが可能です。
3. 専門医による安心の検査
日本消化器内視鏡学会専門医がおこないます。
これまでの経験と実績で、安全で正確に検査をいたします。

内視鏡の洗浄と感染予防

当院では、内視鏡洗浄にオリンパス社製の全自動洗浄機を使用し、安全、安心のために万全の注意を払っております。

胃内視鏡検査

胃内視鏡(胃カメラ)では食道・胃・十二指腸の様々な病変を発見することができます。

  • 逆流性食道炎
  • 胃炎(急性、慢性)
  • 胃ポリープ
  • 十二指腸潰瘍 など
  • 食道がん
  • 胃潰瘍
  • 胃がん

内視鏡検査の流れ

下記のような症状がある方は胃内視鏡検査を受けるようお勧めします。

画像:腹痛

  • □ みぞおちの辺りが痛い方
  • □ 胃の不快感、胸焼け、のどまたは胸につかえる感じがある方
  • □ 吐き気、嘔吐のある方
  • □ 貧血の方
  • □ 吐血した方
  • □ 便が黒い方
  • □ 体重が急激に減少した方

バリウム検査について

胃などに自覚症状がある方、過去に食道、胃、十二指腸に異常を指摘されたり、治療を受けたことがある方(特に食道や胃のがん、胃・十二指腸潰瘍)、逆流性食道炎など)、そしてもちろん治療中の方は、ぜひ初めから内視鏡検査を受けることをお勧めいたします。

費用の目安

健診・検診で所見を指摘されたり、自覚症状などがある方は健康保険が適用されます。
詳細はお問い合わせください。

大腸内視鏡検査

直腸からS状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、盲腸と大腸全体を検査し、炎症や潰瘍、ポリープやがんなどが分かります。

  • 大腸がん
  • 腸炎
  • 大腸ポリープ
  • 炎症性腸疾患 など

内視鏡検査の流れ

下記のような症状がある方は大腸内視鏡検査を受けるようお勧めします。

画像:腹痛

  • □ 便に血液が混じったり、便が黒い方
  • □ 真っ赤な下血がある方
  • □ トイレに頻繁に行きたくなる方
  • □ 便秘の方、下痢の方、あるいは便秘・下痢を繰り返す方
  • □ 便をすっきり出しきれないと感じる方
  • □ 腹痛、腹部膨満感などの症状のある方
  • □ 貧血の方
  • □ 体重が急に減少した方

女性のがんで1番多いのが「大腸がん」

大腸がんで亡くなる人は増えています。食生活の欧米化や人口の高齢化が要因と考えられています。特に女性では 多くのがんの中で大腸がんによる死亡が第1位となっています。上記のような自覚症状がある方はもちろん、もし便潜血検査が一度でも陽性になったら、必ず早めに大腸内視鏡検査を受けましょう。 大腸がんは、比較的予後の良いがんとされています。そして早期発見できれば多くの場合、お腹を切らずに内視鏡で治療することが可能です。またポリープの段階で切除してしまうとさらに安心です。

費用の目安

健診・検診で所見を指摘されたり、自覚症状などがある方は健康保険が適用されます。
詳細はお問い合わせください。

診療時間

 
9:00

12:30
15:00

18:30

☆土曜日の午後は予約の大腸内視鏡検査のみ
★日曜日の午前は予約の胃内視鏡検査のみ
※休診日 : 水曜日・祝日
●胃内視鏡検査は診療日の毎日午前中実施、大腸内視鏡検査は日曜日を除く診療日の毎日午後実施。いずれも予約が必要です。

診療カレンダー

【外来受付】
午前:8時50分~12時30分
午後:2時50分~6時30分

休診(水曜日、祝日、年末年始など)
午後休診
土曜日
午前:外来診療
午後:大腸内視鏡検査(予約制)
日曜日
午前:胃内視鏡検査(予約制)

7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

所在地

〒222-0037
横浜市港北区大倉山1-30-1
+HOUSE (プラスハウス) 2F

TEL : 045-542-3535